【購入前に確認しよう】生ごみ処理機の助成金制度【全国対象可否一覧】

生ごみの助成金
生ごみを処理機を安く購入したい!助成金が出るって聞いたけど私の住んでいるところでも交付されるかな?生ごみの助成金の申請から受け取りまでの流れを知りたい!

今日は、こんな質問に答えていきます。

本記事の内容

  • 生ごみ処理機の助成金とは
  • 助成金制度がある自治体、無い自治体
  • 生ごみ処理機の助成制度を活用する前に確認すべきこと

生ごみ処理機の助成金とは

生ごみを処理する機械(家電)が生ごみ処理機です。生ごみ処理機を利用することで生ごみの減量とごみに対する意識向上を目的とし、自治体が生ごみ処理機の購入費用に対して助成金(補助金)を交付する制度です。

全国の自治体約1700の市区町村別の中で生ごみ処理機を購入する際に助成金(補助金)が出る自治体は1,000ほどあります。

生ごみの減量に対しての意識向上を目指し、処理機を購入した世帯ごとに助成金を交付する制度です。

自治体ごとに助成制度がある場合とない場合があります。また、ある場合でも自治体ごとにその交付額が異なります。

生ごみ処理機を購入する際にはお住まいの自治体で助成金制度が有るのか無いのか、また有る場合はその条件がどのよな内容、条件なのかを確認しましょう。

助成制度が有る自治体・無い自治体

自治体ごとに助成制度の有無があります。

助成金が出る地域に住んでいるのなら活用しない手はありません。今すぐ確認しましょう!

【生ごみごみ処理機】全国助成金制度一覧

生ごみ処理機の助成金制度・北海道版

北海道での生ごみ処理機の助成金制度についてまとめています。

生ごみ処理機の助成金制度・東北版

東北地方(青森県秋田県岩手県宮城県山形県福島県)での助成金制度についてまとめています。

生ごみ処理機の助成金制度・関東版

関東エリア(東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県栃木県群馬県)での助成金制度についてまとめています。

生ごみ処理機の助成金制度・甲信越・北陸版

甲信越・北陸エリア(長野県|山梨県新潟県石川県富山県福井県)での助成金制度についてまとめています。

生ごみ処理機の助成金制度・東海版

東海エリア(愛知県静岡県岐阜県三重県)での助成金制度についてまとめています。

生ごみ処理機の助成金制度・関西版

関西エリア(大阪府兵庫県京都府滋賀県奈良県和歌山県)での助成金制度についてまとめています。

生ごみ処理機の助成金制度・中国・四国版

中国・四国エリア(広島県岡山県山口県鳥取県島根県徳島県香川県愛媛県高知県)での助成金制度についてまとめています。

生ごみ処理機の助成金制度・九州・沖縄版

九州・沖縄エリア(福岡県|佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県|鹿児島県|沖縄県)での助成金制度についてまとめています。

※リンク先の情報は調査時のデータです。最新の状況は自治体ホームページでご確認下さい。

生ごみ処理機の助成制度を活用する前に確認すること

生ごみの助成金

生ごみ処理機の補助を受けるために交付申請の前に確認することがあります。

助成制度の確認事項

  • 助成金制度の対象となる生ごみ処理機のタイプ、製品は?
  • 助成金制度の対象者は?
  • いくら金額が補助されるのか?
  • 助成金を出してもらうための申請方法とは

対象となる生ごみ処理機|製品名やタイプ

助成金が出る生ごみ処理機の対象は、各自治体により異なります。メーカーや機種についての指定がある場合、特に指定が無い場合などさまざまです。

生ごみ処理機についての種類は多く、屋外に設置するコンポストタイプ、室内で利用することを目的とした電気式の乾燥タイプ、室内でもバイオ剤を利用したハイブリッドタイプなどがあります。

助成金が出る場合でもお住まいの自治体により生ごみ処理機の種類について指定がある場合があります。

生ごみ処理機を購入するのはどの店舗でも良いのか、それとも指定する店舗があるのかなど確認しましょう。

購入予定の生ごみ処理機購入する場所(ネット通販は対象なのか等)が対象となるのか確認しましょう。

助成金制度の対象者は誰か

助成金が交付されるかは一定の条件に当てはまっていなくてはいけません。

各自治体ごとに対象者が決められていますので確認しましょう。

いくら補助されるのか

各自治体の助成される金額をみると上限金額が規定され、生ごみ処理機の購入価格の割合(例:2分の1以内)が記載されています。

上限金額がいくらなのか年度によっても異なりますし、自治体によっても変わります。

購入台数の制限の有無もあるため複数台購入する方は注意が必要です。

助成金の申請方法

生ごみの助成金制度は自治体の窓口へ申請書類を出すことがほとんどです。書類は窓口にあるものを利用することが多いです。

どんな書類や提出物が必要か確認しましょう。各市区町村によって書類だけではなく、印鑑や購入した際のカタログ、領収書、身分証など必要なものもが異なります。

申請方法で重要なのが、購入前に申請しなければいけない自治体と購入後に申請をすれば良い自治体とあります。

助成金の申請をするタイミング(生ごみ処理機の購入前なのか購入後でも良いのか)については、生ごみ処理機を購入する前に必ず調べておきましょう。